• JAPAN UNINEST

寮生のRed Bull Basementへの挑戦!





様々なチャレンジを応援してきたRed Bull。そんなRed Bullが昨年から始めた挑戦する学生を支援するプロジェクトRed Bull Basementに、ユニネストの寮生が挑戦中!

縁あってユニネストの国際学生寮HAKUSAN HOUSEで、こちらのプロジェクトのPRと説明会を開催したところチャレンジ精神旺盛な寮生たちは興味深々!3組の寮生が参加する事になりました〜

2020/10/29までにこの記事を読んだ皆さん、彼らの素敵なアイディアに投票し、翼を授けましょう〜!(*現在終了)




【Red Bull Basementって?】


Red Bull Basmentは世界37カ国・300以上の将来のイノベーターを育成し、世の中を前進させる事を目的としたプロジェクト。学生のテクノロジーを軸としたアイデアを実現し、学生と世の中にポジティブなインパクトを残すグローバルプラットフォーム。アイディアを説明した1分以内の動画を投稿し、一般投票の後に各国、およびグローバルのジャッジが各国から1チームのファイナリストを選出。選ばれた各国代表は、グローバルワークショップで世界的イノベーターから学び、繋がり、一生に一度の経験に翼をさずけます!

プロジェクトの詳細→





【ユニネストの参加寮生①】


- NORIAI

学生にとって公共交通機関を利用した長距離移動は費用がかかる。また、乗り換えによる身体的影響や時間に対する不自由さを感じるであろう。そこで私は長距離移動における課題解決の為に、「NORIAI」という新たな移動手段を提供したい。NORIAIとは学生と一般車の空席をマッチングさせるライドシェアサービスだ。まず学生はアプリ上で移動日時や目的地を選択し、その後その旅程に合致する空席を探し予約を完了する。移動当日は快適で安価な長距離移動を体験する。それにより、スーツケースを引きながら路面電車や夜間バスを乗り換える大変さは無くなる。総じて、学生はより容易に旅行や帰省をする事が出来る。一方運転手は車の空き席を学生に提供することを対価に、長距離移動にかかるガソリン・高速代を抑えることが可能だ。NORIAIは2020年2月にリーンキャンバス作成から始まった。ユーザー・課題解決インタビュー後に、第一段階目となるWeb・モバイルアプリプロトタイプの両方を完成させた。今後は完成したプロトタイプを使用し、UX/UIの改善を行う予定だ。また、MVP開発からの段階を経てプロダクトマーケットフィットに到達することを目指している。






【ユニネストの参加寮生②】


- hummingbird

私たちは、身近にあるエネルギーを有効活用する持続可能な社会の発展を目指して、音を電気に変換する技術を開発します。具体的には、身の回りに溢れる環境音を収集し、得られた振動を電気に変換します。スピーカーの仕組みを逆転させるのです。寓話の『ハチドリ(hummingbird)の一雫』ように、小さな挑戦から大きな変化を生み出せることを信じて、いま私たちにできる事を最大限取り組んでいきます!

私達のプロジェクトサイト→









【ユニネストの参加寮生③】


- Let's Study Freely - The New Way Of Learning

私はフィリピンでの海外研修に参加し、現地の教育状況を知ることができた。ほとんどの子どもが良質な教育が受けられないことを知り、驚いた。こちらのアプリの開発により、より多くの子どもに良質な教育を提供して行けるようになると信じている。SDGs(持続可能な開発目標)にも貢献できると考えられる。このアイデアを一緒に発信していきましょう。








彼らの挑戦をユニネストは応援して行きます!彼らのアイディアに共感してくれる人たちはどんどん投票してねっ!


【追記】


応募期間が終わり、投票も終わりました。3組の挑戦チームの皆さんお疲れ様でした!

そしてなんと、参加寮生②のhummingbirdチームが日本代表に選ばれました!

HAKUSAN HOUSEから日本代表が選出されるなんて感無量!一緒に暮らす仲間の協力も得ながら頑張っている姿を見ていたので、ユニネストとしても嬉しい限りです!

これからもユニネストの環境をぜひ最大限に活用して、どんどん新しい事に挑戦していってくださいね〜







LINEでユニネストをフォローしよう!

最新記事をお知らせするよー!